斉藤です。

 

いつも購読有り難うございます。

まず、ネットビジネスで稼ごう、稼ぎたいといって、
ブログやサイトでアフィリエイトを始める人が多いです。

 

もちろんどんなブログを作るのか、サイトを作るのかは、
個々により異なりますが、そもそもズレている人が居るので
少し書いてみたいと思います。

 

ブログを書く目的を考えよう

image65

そこでブログやサイトを作る時に大事な事は、
「ブログの存在意味」と「ブログを書く理由」です。

 

もちろんそういう人は、「お金を稼ぎたい」なのでしょうが
最初から、稼ぐ為に何を書けば良いか と考えると
失敗する人が多いです。

 

お金を稼ぐ為にブログを書こう…だけでは
死ぬ程努力しても永遠に小銭止まりです。

 

 

この理由はどんなサイトを作ろうと、
訪問者にとって有益じゃないと お金を稼げないからです。

 

訪問者から見て面白くないサイトやブログは、
自動ツールを使おうが何をしようが100%稼げません。

 

稼ぐぞ稼ぐぞって頑張って書いても
見る人からすれば、そんな事、どうでも良いんです。

 

稼ぎたい以外に何かあるの?と聞いて
言葉が出せない人は、ほぼ駄目です。

 

ブログに使命を与えて目的を与えてその目的に沿う事が大事

 

もう、この業界って本当に、
おかしな人が多いんだけど、稼ぎたいから
書こうというのは良いけど、

「自分は稼ぐ為にネタを探して書いてるんだ」

というブログやサイト見て面白い訳がありません(笑

 

もちろん稼ぎたいというものがあっても良いんです。

 

目的が稼ぐでも構いませんが、
ちゃんと作るコンテンツのコンセプトを
尚更しっかり考えようという事です。

目的があってその目的に沿った形でコンテンツを
作っているかどうか?です。

 

もはやニュース記事を適当に書いてるような
サイトでは、稼げないのです。

 

また、2ちゃんねるだの、キュレーションだのと言っても
同じ事が言えます。

 

「何故コピペやまとめが稼げないという人が多いのか」です。

 

コピペやまとめと聞くと、「これだけで良い」と考える人ばかりだからです。

 

むしろ そういう事を言ってる人も同レベルなわけですけど
例え まとめサイトでも 全然稼げるんです。

 

でも 視点の違いで、「なぞってコピペ やったぜコンテンツできた」

みたいなのは、典型的にダメダメです(笑

 

むしろそんなサイトに小技でアクセスを増やしても意味がありません。

死んでも稼げないと断言できます。

 

なぜなら自分に意思も無いし、ブログやサイトで
何を誰に伝えるかも定まっていないからです。

 

面白いわけないですよねw

 

読まれないし無理矢理見せても、見たくない。

そんなサイトで稼げるなら是非教えて欲しいです。

 

つまり小手技でアクセスアップも全て無意味になるのです。

 

俗に言う空回りです。

 

で、大事な事は、先程も伝えたように、
何を誰に伝えるのか?です。

 

文章がコピペであろうとオリジナルであろうと、
「どのように映し出すのか」で180度変わるって事です。

 

もちろん この伝える情報全般が、いわゆる強みになる。

サイトやブログの存在する意味とかそういう次元です。

 

で、もうちょい分かり易く言うと、

テーマとポジション、そしてターゲットを明確にしようって事です。

 

テーマとポジションとターゲット

 

テーマ=ブログやサイトの強み

であって、
ターゲットは、誰に向けたものなのか?

そしてポジションは、書き手の位置ですね。

つまり、どういう人なのか?です。

 

例えばニュースを揉みほぐすサイトにしてもね、

ただ棒読みで書いてるサイトなんて面白くもない。

 

情報商材でも高額塾などを 批判や否定していても
何も面白く無いんです。

 

でも逆に、言うと、そういうサイトでも面白く見せる事ができる。

 

これは、ちゃんと

テーマ=ブログやサイトの強みも決まっている。
ターゲットは、誰に向けたものなのか明確になっている。
ポジションは、書き手の位置もすぐ分かる。

 

これらがちゃんと出来ているからなんです。

 

文章が上手とか下手糞とか、あまり関係ありません。

 

例外なく僕自身は、文章力を鍛えようとか、あんまり教えませんし
僕自身も文章力とか、本当に苦手だからです。

 

にもかかわらず、安定して稼ぎ続けている。

 

そして実際にコピペでも、まとめでも、
最低限、サイトやブログの強みや、ターゲットという
この2点が明確であれば、数字を伸ばせるものなんです。

 

キーワードとかも大事だし、
SEOを意識する事も良いし
自動でアクセスを集めたいとか、結構です。

 

でも、作るものが悪ければ全部無意味。

やる意味無しです。

 

しかしコンテンツがそれなりの場合は、
小技が大技になるんです。

 

 

これは、覚えておくべきでしょう。

 

なので、同じ教材を取り組んでも、稼げる人と
稼げない人が明らかに出てくるわけです。

 

何が需要があるか?を考えて
需要がありそう、儲かりそうだけを考えてサイトやブログを
幾ら作成して作っても 
これができない人は、100%稼げないのです。

 

簡単にコンテンツを作れるツールや手法は、
色々とありますけど、あーいうもので稼げない人って言うのは
根本的に、作ろうとするコンテンツのコンセプトが、
甘すぎるんです。

 

例えば、先日 紹介したようなリライトツールでもそうだけど
ここでは、どのようにサイトやブログを構築していけば
良いかを書いてます。

 

もちろん、これらができない人を意識して書いてるので、
そのままリライトして貼り付けろ! というものでは、ありません。

 

だって人が見るものですし稼ぎたいなら、
しっかり見てくれる人を増やさないと稼げませんからね。

 

この辺もサイトの作成手順などで工夫すれば、
少し意識が低い人でも なんとなくそれなりのコンテンツ
作りが可能になるってわけです。

http://saito-info.com/ng-admin/20170605191134.html

 

というわけで次回は、サイトの強みやブログの強みについて
ちょっとだけ掘り下げようと思います。

 

ではでは斉藤でした^^

 

 

 

 

副業のメルマガ