前記事はこちら

 

というわけで、今移動しましたよね?

 

移動して貰おうと思ってこの記事へのリンクを貼っただけです。

 

これが答えです。

 

このぐらいシンプルな事なんですよね。

 

ブログやサイトを作成して結果が出せない明確過ぎる理由

image156

 

で、結果が出せない人の多くは、
このような事を一切考えず、書けば良いと
考えているだけです。

 

何かを売りたいなら
ターゲット層を意識して 最終的な目的をイメージして
訪問者が行動するように 情報を与えなければいけないのです。

 

でも殆ど稼げてない人は、
「キーワードに基づいて詳しく書く」だけです。

「詳しく書く」だけなら読み手も「詳しく書いてある」としか
認識せず、 そのまま終わる話です。

 

詳しく書いてある に加えて、
自分の存在を認知して欲しいとか
危険性を知らせたい、とか
対策を取る事を考えて欲しいなら
それぞれの情報を与えていかなければ駄目って事です。

 

 

先程の記事の例では、

ハゲの初期症状の人を対象としたものなので、
放っておくとヤバい⇒対策の必要性⇒対策はここにある

という流れで、それぞれの情報に信憑性を持って貰う為の
情報を盛り込んでいくと話しましたが 実際にこれだけで
売れるサイトができあがるのです。

 

その小出しの情報に関しては、
全て見て貰いたいなら見る理由を与える、
読者を増やしたいなら登録する理由を与える
他の情報を読んで欲しいなら、
他の情報を読んでみようという理由を与えるという事です。

 

 

物販アフィリエイトアドセンス 情報商材アフィリエイト 全共通の法則

 

で、これらは全部で共通するわけだけど
物販アフィリエイト情報商材アフィリエイトはイメージが
付くと思いますが、実はアドセンスでも言える事です。

 

アドセンスも表示される広告を絞る事ができますから
中でも悩みの深い問題を扱う事で、深刻な状況の
人を集め、その人達の行動を読んで広告を配置すれば、
少ないアクセスで高単価の報酬を積み上げられるという事です。

 

例えば悩みの深い人の場合は、
少しでも情報が欲しいし解決策の選択肢を
増やしたい願望があるのですから そういう人は、
過度な誘導をせずとも、自ら舐めるようにサイトを
見てくれますし、関連するリンク先は、クリックしてくれるという
行動に出てくるのです。

 

「広告がまるでサイトコンテンツの一部になる」といえる状況ですね。

これによって単価も上がりトレンドアフィリエイトのように
無差別アクセスで数ばかりを意識しなくても安定した収益を
取っていけるわけです。

 

ま、本題はアドセンスでも無いのでこの辺にしておきますが、
大事な事は、訪問者にどうして欲しいかを考えなければ
いけないわけです。

 

この辺でも 稼ぐ人が多いのは、まさにそういう事だと思います。

⇒ RMA というテンプレート付きの教材

 

で、これさえ意識すれば、まとめサイトなどでも
応用ができるわけです。

QPA(キュレーションサイトで稼ぐ方法)検証レビュー!中井伸行評判とレビュー

 

コンテンツをどうするか?も大事だけど
まとめサイトのようなものでも結論から言えば、
訪問者に何を伝えて情報を与えるか?という部分が
オリジナルなのか まとめたものなのか?というだけです。

 

で、リライトに関しても言える事で、
与える為の情報文章を どのように作るか?だけの違いです。

ちょっと文章が苦手な人は
キュレーションを挑戦する価値は十分ありますよw

QPA(キュレーションサイトで稼ぐ方法)検証レビュー!中井伸行評判とレビュー

 

では、今日はこの辺で^^

 

斉藤でした。

 

副業のメルマガ