斎藤です。

いつも購読有り難うございます^^

 

ちょうど このサイトにあるヘッダー部分にRSS情報を
掲載していますが、複数のサイトがあるので、
ちょうど無料のアンテナサイトを使って更新情報貼るのに
ワードプレスにプラグイン登録をしてみました。

ネットビジネスで稼ぐ方法 TOP

 

アンテナサイトも使いようですねw

WPに、直RSSでも良いんですが、どうせなら、入り口は、
一つでも多い方が良いと思って、アンテナサイトを使ってみました。

というわけで本日はトレンドアフィリエイトに関する、キーワードについてです。

 

トレンドアフィリエイト キーワードの出現率について

商材系のブログとかだと、あんまり気にしないのですが(本当は気にした方が良い)

のですが、キーワードの出現頻度。

実は必要以上に入れすぎるとダメだとか
2つが3つが良いとかって色々な神話があります。(これは本当に神話でしかないです)

 

ただ、これに反論できる事として、
2つや3つが良いって言う事もなくてそれ以上でもそれ以下でも
しっかりと上位表示できているサイトは星の数ほどあるからです。

つまり神話であると言える根拠があるからです。

 

基本的にそういう神話って言うのは頭から排除しましょう。

 

まあ今まで僕の講座、そして質問を繰り返して
成果の声も続々と上がっています。

 

ただ、これは、稼げる方法を教えているので超当たり前です。

 

そこで、もっともっとアクセスを集めるには、どうすれば良いか?という事を
幾つか書いていこうと思います。

 

書いた記事に不自然じゃない部分にキーワードを挿入してみる

 

ブログって

多くの人が一通り書いたら、軽く見直して投稿するじゃないですか。

書いた記事

でもその見直しって

文章がおかしくないかとか 誤字や脱字程度だと思うんですよね。

 

僕の場合は、SEOを気にするなら、重視するのはキーワードです。

再度見直して、

メインとなるキーワードや関連キーワードを挿入しても不自然な場所がないかどうかです。

 

それ とか これ とか ちょっとした語句を
キーワードに置き換える事だってできる部分は置き換えていくって事です。

 

もちろん不自然では、無い形でです。

 

また、強調や文字装飾もついでに見直します。

 

これは、キーワードだけじゃなくて
自然な感じでキーワードの入った一文で強調できる部分をストロングにするとか。

ストロング

こういう見直しをします。

 

文章がおかしくならなければ、キーワードはある程度多くても 少なくても問題ありません。

 

むしろ少ないよりは、多いほうが良いです。

しかしスパムチックに無駄に並べたりするのはNGです。
必要以上に羅列するとか、ケースバイケースですが
それが災いになる可能性もあるのです。

 

何より大事な事は、キーワードを入れるとしても、

文章としておかしくないか。

自然な文体になっているか。

多くの人は、1ページに 「キーワードは1ページに○個」みたいな
情報もあるので、そういったものを見て 無理矢理入れたり、
無理矢理削ったりするのですが そういった出現率の
法則性は、神話です。

何個あれば良い
何個ならダメなどは、実際に一つのキーワードで
検索して実際の出現率 つまり数を見ていけば
数に関しては、大きく関係ない事が分かります。

 

少なくとも、「何個あれば良い」という意識を初心者が持って
意識しても 意味が無い…と言っても良く、
何より大事な事は、キーワード、つまり表題に関して
「読まれるコンテンツかどうか」です。

 

殆ど失敗する人は、キーワードは何を選んで、
そして何個出現させる…などの意識をすれば
「アクセスが増えるかもしれない」などと勘違いをします。

 

でも よく考えると、殆どの人が肝心な事を忘れるんです。

 

アクセスアップ、報酬よりも、人が見てくれないと意味がないのに
それを 殆ど無視して、やれキーワードだの、出現率だの…と
自分中心の事ばかり考えてしまうのです。

 

まずは、ユーザーに読まれる事、そして時間を消費して貰う事を
考える事に一番時間を使う事と、 幾らキーワードが良いとしても
人に価値を与えられるものが書けないジャンルは、書かない方が良いです。

 

そして続いては、NGキーワードについてです。

 

NGキーワードについてと その活かし方。

トレンドアフィリはNGという事ではないですけど
アドセンスを配置する場合は、以下について気を付けるようにしましょう。

 

中でも気を付けたいのは トレンドの場合は、事件系のものや、アダルトや麻薬などの
キーワードやコンテンツ。

 

殺人、自殺、強姦 レイプ、タバコ、酒など様々な情報がありますが
中でもニュース系になると 事件、事故ってものは、アクセスを
拾えるジャンルでもあります。

 

ただ、規約に触れるコンテンツになってしまう残酷なストーリーもあるんです。

 

しかし残忍な表現を書くのではなく、
例えば、残酷な表現を無くして、事件の登場人物、事柄の何かに
焦点をあててフォーカスしてコンテンツを作る事も一つの方法です。

 

何もニュース通りに AさんがBさんに○された とか 書かなくても、
AさんやBさんをテーマにして うまく違う方向で振るというのも一つです。

最近では、事件や事故をあるとFBやツイッターを調べる人が多いですが
そういった部分を狙ってみるのも一つと言えます。

 

つまりニュースの話題だけに絞ると、グロくでも、
ニュースの内容ではなく、そのストーリーの中で登場する情報を
掘り下げたテーマにするという事です。

 

トレンドキーワードについての考え方

 

あと、トレンド=芸能 という考え方をする人も居るのですが
それは、間違いです。

 

例えばパソコン製品、パソコンのモデル、車、
ファッション、人気のおもちゃ…
そしてゲーム、 もちろんテレビ番組、(ドラマなど)あるいは
人気番組をネタにしたコンテンツなど、言い出せばキリがありません。

 

芸能嫌いなんですけど…と いう人もいるのですが
自分の趣味の範囲のジャンルでも トレンドというものは、あるはずです。

 

好きなもの、好きになれそうなジャンルが良いですが
嫌いなもの、好きになれないジャンルは、少し避ける方が良いかもしれません^^

 

キーワードとサイトの趣旨について大事なポイント

あとキーワードを選んで記事を作るとしても、
結局のところ、サイト全体のジャンルや趣旨をどうするか…は、大事です。

 

僕の考え方は、練習用として、1つは、ごちゃ混ぜで書きたいものを
書いていくという風にするのが良いです。

難しい事を考えずに記事を書いていく という事を まず初心者には
して欲しいですね。

キーワード選定なんかも後回し。

普通に、下刻上などのキーワードリサーチなんかしていると、
記事を書く…に到るまでのキーワード選定で疲れるものです^^;

 

最初は、ライバルとか競合とか気にせず 書いていく事です。

ちゃんとしたコンテンツが作れないのにキーワードなんか
意識しても 逆にサイトの評価を下げる原因にも繋がります。

 

だから最初は トレンドを狙うとしても後は、細かいライバルなどの
リサーチなどは、無視した上で、読まれるコンテンツを作る練習をするべきです。

 

そして慣れてくれば、特化型に移行する事がベストです。

 

報酬関係なく、慣れれば特化型に移行ですね。

 

トレンドアフィリエイトと言えば、下刻上という教材があります。

下刻上という情報商材の流れでは、少々、実践過程でも
少し僕の中でも違和感のある部分があります。

 

既に、何名もの方のサポートをしてきましたが、
ノウハウ通りではなく、外すべき部分は外す、真似る部分は真似るという事を
柔軟性をもって取り組むのが最短だと思います。

 

まあ、その辺も 僕の下刻上の特典や会員ページでも
ポイントを書いてますけど、一番大事なポイントは、コンテンツです。

 

キーワードが良くても中身がダメなら、すぐに順位も落ちて評価落ちする。

キーワードが悪くても中身が良ければ、含まれるキーワードで順位も上がるし評価も高くなる。

 

という、当たり前の状況を踏まえれば、
簡単に理解できると思います。

 

また 僕が一番気を付けて欲しい事は、神話のような基準や法則を
意識なんかして、コンテンツの方向性を見失うよりも、見る人にとって良いもの…だけを
意識してコンテンツを作ろう!という事です。

 

だから、書けない! とか これじゃ満足させられない! というものは、
無理に手をつけても、意味がないと思いますね。

 

是非参考までに^^

 

それでは、斎藤でした。

 

PS

続きは、こちら

トレンドアフィリエイトと物販アフィリエイトについて

 

副業のメルマガ