斉藤です^^

今日は、殆どの時間を 掲示板プラグインを いじくって
終わりました。

 

ワードプレスで、掲示板を作成するプラグイン

掲示板

 

何か過去に掲示板のツールってあったんですが
ワードプレスサイトの中に必要に応じて埋め込みたいなと
考えて色々と調べていたんですよね。

 

そこで色々と検索すると幾つか参考になるプラグインが
幾つかでてきたんですね。

ワードプレスプラグイン掲示板などで検索すると出てきます。

 

まあ、色々とあるわけですが 一通り一番 アフィリエイト関連で
使う場合なら bbpressが一番良いですね。

ただ、何が良いとか以前に、何で掲示板が良いの?と

思う人も居るかもしれませんので少し解説しておきます。

そもそもワードプレスで掲示板を作ってどのようなものに使うのか

 

実際に今は、掲示板の無料サービスを使って
物販系のアフィリエイトのサイトを運営しているんですが
メインのサイトの更新頻度を落として いかにアクセスを
集めるか?と考えた場合、掲示板のようなサイトは、
非常に効果的だったりするんですね。

 

自動でコンテンツが増えていくからです。

例えば以前にも このような商品がありましたが、
ウィキで稼ぐ方法

この辺とか。

キュレーションサイトで稼ぐ

こういうものでもそうですが自分だけでなく
第三者がコンテンツを追加してくれる要素のあるものは
かなりサテライトとして有能なんです。

 

現実問題上記でも メインサイトを構築して
サテライトとして 同じジャンルのコンテンツを作り
少し更新していくと 少しずつコンテンツが増えていったりします。

そのサイトにもキャッシュポイントを埋め込んでおいて
尚且つ メインへの誘導も施しておけば一石二鳥というわけですね。

 

掲示板も同様に第三者が構築してくれたりするわけです。

管理さえしておけば 勝手にコンテンツが増えていき
アクセスも増えるし書き込みが増加すると、
どんどん安定したPVを得られるので そこから
振るいにかけて メインへアクセスを送り込むというわけです。

 

さらにそれだけでは、ありません。

注意書きにでも、「投稿された内容は全て運営側に‥」という
一文を入れておく。

 

これだけで書き込みは全て自分の好きなように使えるわけです^^

 

これはキュレーションでもWIKIでも一緒。

 

つまりコンテンツの更新に加えてコンテンツとしても
他のサイトで書き込みを使ってしまう事ができるのです。

 

ただ売り上げが伸びてくると無料のものを使うのは、
非常に抵抗があるという事とやっぱりサービス終了や
意味不明な書き込みが原因での削除も有り得るので、
「自分で管理できる場所に作る方が良い」という結論に至ったわけです。

 

ワードプレスを使う事によってプラグインでカスタマイズも
簡単にできますからね^^

 

でも自分の用途に合わせたものは、なかなかないのが現状で、
一番良いかな?というのが、bbpress というプラグインでした。

 

bbpressのカスタマイズ「入力フォームの必須項目を外す理由」

で、問題なのがこのプラグインは、メール項目が必須だったり
WEBサイトURLなどの項目があるんですね。

書き込みについては、「いかに簡単に書き込めるか」が大事です。

とにかく考えさせない。

僅か数秒でも悩んだ挙句に書き込むのが面倒になるからです。

デフォルトでは、これ

 

こんなものメール必須とかある時点で、「嫌だな」と
思うわけですよ。

捨てアドにしようか‥と考えてくれれば良いけど
考えた後面倒臭くなって書き込み辞める人が大半です。

でも これだとどうか。

 

 

 

名前と書き込み内容だけですから これならいけますよね^^

 

ネットビジネスでは、全般的に言える事だけど
行動してもらい時は、読み手が悩ませる事はやっちゃいけないわけです。

 

で、具体的な消し方は、以下の通りです。

bbpressの入力フォームの必須項目を消去して名前と投稿内容だけにする方法

 

bbpressの「functions.php」に以下のコードを4行貼り付けます。

 

 

function bbp_no_email( $mail ) {
return ‘no_email@example.com’;
}
add_filter( ‘bbp_pre_anonymous_post_author_email’, ‘bbp_no_email’ );

 

で、貼り付ける「functions.php」は、ワードプレスの管理画面に入って、
プラグインを選んでプラグインの編集に移動します。

そして編集するプラグインを選択します。

そして順番に

includes ⇒ common ⇒ functions.php へと移動します。

 

 

あとは最上段にでも先ほどのソース4行をコピペして保存して終了です。

これは投稿の際に強制的にメールアドレスを加えているというわけです。

つまり必須でありながら書き込みする人は入力しなくても、自動で入る状態です。

でも フォーム入力欄が残ってると駄目です。

 

続いては項目そのものを消しさります。

さっきのプラグイン編集の要領で、

bbpress ⇒ form-anonymous.phpを開きます。

26行目~部分を削除します。

以下のソースですね。

!– <p>
<label for=”bbp_anonymous_email”><?php _e( ‘Mail (will not be published) (required):’, ‘bbpress’ ); ?></label><br />
<input type=”text” id=”bbp_anonymous_email” value=”<?php bbp_author_email(); ?>” tabindex=”<?php bbp_tab_index(); ?>” size=”40″ name=”bbp_anonymous_email” />
</p>

<p>
<label for=”bbp_anonymous_website”><?php _e( ‘Website:’, ‘bbpress’ ); ?></label><br />
<input type=”text” id=”bbp_anonymous_website” value=”<?php bbp_author_url(); ?>” tabindex=”<?php bbp_tab_index(); ?>” size=”40″ name=”bbp_anonymous_website” />
</p>–>
これを消して保存すれば完了。

 

状態としては、メールアドレスとWEBサイトの入力フォームが消えてる状態。

 

でもメールアドレスは必須でありながらも、名前と書き込み内容だけを
入力して送信すると、見えない所で 必須のメール項目には、自動で
強制的に設定したメールアドレスが入るので 実際の動きは、名前と
本文だけで 書き込みができる状態になるってわけです^^

 

サンプルなので適当に 最近の記事を選んで作成したものがこちら。

情報商材でやると こうなります。

http://aqhokan.net/?post_type=forum

 

何となく情報商材でも埋め込んでみました。

 

掲示板の専用サイトにしても良いし 上記のように
同じサイト内でも、リアルで更新しているサイトと掲示板機能の領域を
分けられるので便利ですからね^^

 

訪問者が書き込む理由さえ与える事ができれば
サイトに合わせて色々なコンテンツ作りが可能です。

 

もちろんただ、投稿するだけでは、書き込みもありませんが
ちょっとした工夫だけでも人を集める事が可能です。

 

では、斉藤でした^^

たまにつぶやくので良ければフォローしてください。


こちらでも、色々とたまに画像アップロードしてます。

副業のメルマガ