斎藤です。

 

いつも購読有り難うございます。

 

実はデザインをアフィンガー5から賢威に戻しました^^

 

「え?なんで?」と思う人も多いかもしれませんが…

 

色々な要素を精査して検証してみた結果、
デザイン面では、アフィンが-が上ですが個人的には、
「これは、賢威の方が良いかも」という兆候を察知したので
元に戻した次第です。

 

もちろん使い方にもよるのですが どう見てもちょっと
細かい要素を見ていくと賢威かな?という所がジワジワと
僕の中では、感じた…という事です。

 

この辺はまた記事にします。

というわけで今日は、アダルト系のキーワードについて
少し書いてみました。

 

アダルト系のキーワード戦略

アダルトアフィリエイトでもキーワードは、とても大事です。

ちょうど羽田さんのUUAのメールでもキーワードについての
配信があったわけですが その内容というのが、

「総合サイトなど既存の強いサイトに近づいたり超えるには、特化サイトで狙え」

というものでした。

つまり、総合のアダルトジャンルには、複数のキーワードを意識した
カテゴリが存在するのですが 細分化されたカテゴリのメインサイトを
構築するというような流れで解説されていました。

 

 

動画系キーワード以外でも有効になるキーワード戦略

 

これがどういう事かと言うと、サイトの趣旨が総合のアダルトで、
その中にフェチやマニアックなキーワードのジャンルカテゴリがあるわけですから
これらに勝つ、あるいは、近づくには、そういったカテゴリのキーワードを
用いて専門のサイトを作る方がSEO的にも 有利になります。

 

これは、アダルトだけに言える事じゃなくて
その他のアフィリエイトにも言える事です。

 

例えば何かの商品などの場合でもそうですね。

 

総合サイトに総合サイトで太刀打ちするよりも、
特定のキーワードやジャンルのキーワードだけを
的を絞り込んで狙うという考え方です。

で、後はキーワードとジャンルを考慮した広告を狙う。

 

でもカテゴリ的なものを特化にした場合に、
今度はそのサイトでもカテゴリを細分化しなくてはいけませんので
構成に不安を感じるかもしれませんが、結論から言うと
フェチ系キーワード1つとっても1つじゃないという事です。

 

必ずと言って良いほど複数のキーワードが出てくるものです。

 

もし、あまりにもマニアックなキーワードの場合で
出てこない時は、恐らく更新するネタとなる動画も殆どないので
特化に向いてないという事になりますが そういう例外を除けば
殆どが 特化しても問題ありません^^

 

極論を言うと仮にキーワードが思い浮かばない場合でも
該当する動画の動画タイトル、女優名などをカテゴリ化しても
良いわけだし、それぞれの作品を見れば キーワードは、
隠れているものです。

 

こういう所まで意識すれば 嫌でも多少は稼げるようになるでしょう^^

 

では、今日はこの辺で。

 

アダルトアフィリエイト新究極+アダルトアフィリエイト企画UUA

↓↓↓

http://yasu871.blog.fc2.com/blog-entry-716.html

たまにつぶやくので良ければフォローしてください。


こちらでも、色々とたまに画像アップロードしてます。

副業のメルマガ